正社員:靴に関してのお仕事と医療系の仕事に関して

靴に関する正社員の仕事については、専門的な靴屋さんに勤務したい場合には、大学などや短期大学などを卒業した後に、「正社員」としての枠での募集の際に応募を行い、そこから正社員として登用されるというものです。

一方で、デパートなどの売り場で靴の専門コーナーを作っている一角がありますが、このようなケースでは、デパートの新卒採用などの際に、同じく応募を行い、そこから靴を販売する業務に携わるお仕事となります。

または、特殊なケースであれば、非常勤としてのアルバイトから、優秀なアルバイトさんの場合には「正社員」として登用されることがある、とされています。

一方で、医療分野の「正社員」に関しては、これは多くの方々が正社員として仕事をされています。

特に医療関係は離職率が激しいこと、また同時に人手不足である状況、さらには資格がなければ携われない仕事などがあるため、「事務関係」などの仕事を除き、医師、看護師、作業療法士、理学療法士、薬剤師など、このような仕事に関しては、募集の通りに「正社員として」の枠組みでの募集が圧倒的です。

ごく稀に、短期の仕事だけをしたい場合にはパート扱いとなるものもありますが、大幅に病院で募集がされているものに関しては、「正社員として採用します」という文言が記載されています。

これは、中途採用に関しても同様であり、昨今では、中途採用は狭き門となっていますが、医療関係に関しては、資格がなければ勤めることが出来ない職種であるため、仮に30代後半や40代であっても、資格さえ持っていれば、正規の職員さんとして、勤務をすることが可能となっています。

そのため、現在は学生さんの間でも、医療系への道を選ぶ人が多いとされています。

ページトップへ