一流雑貨店の正社員の仕事は楽しい

雑貨の仕事は他の仕事にない魅力があります。いろいろな雑貨に触れ合える魅力で、バラエティーに富んだ雑貨の世界に詳しくなります。一流の雑貨店だったら、取り扱う商品の数は桁外れに多くなり、雑貨の世界の奥深い魅力にひきこまれていきます。この仕事はアルバイトもありますが、一流の会社だったら、正社員として採用されることが多いです。多くの商品を取り扱わないといけないので、深い知識を身に付ける必要があります。時には海外出張をして、商品を購入しなければならないこともあるでしょう。そういった業務をするには、アルバイトよりも正社員が向いているのです。
この仕事は仕入れだけではなく、接客もしなければなりません。良い商品を仕入れることができても、それが売れなければ、仕入れが無駄になってしまいます。仕入れは基礎で、接客は応用と考えましょう。正社員だったら、社の売り上げを伸ばすための努力を怠ってはいけません。接客の技量が高まれば高まるほど、商品は売れていきます。
接客は奥の深い仕事です。強引に商品を勧めても、うまくいきません。それよりも、お客様の気持ちに寄り添うことが大切です。店に来たお客様は何を必要としているのかいち早く見抜いて、お客様のニーズに一致した商品を提供する必要があります。簡単ではありませんが、それがうまくいくと喜びを感じられるようになります。店の利益にもなって、お客様に喜んでもらえるので二重の喜びを味わえるようになります。接客のプロになるには自分で努力することが必要です。本をよく読んだり、世の中の動きに絶えず気を配って、人間的に成長することを目指しましょう。それが売り上げを伸ばすことにつながります。ただ売ることだけを考えていけません。

ページトップへ