エステの新人の正社員に求められること

エステの新人の正社員に求められることがいくつかあります。まずは自分の仕事をきちんと覚えることが必要です。エステシャンとしての技術だけではなく、お客様への接し方、同僚とのコミュニケーションなど学ぶべきことは多くあります。新人なので、分からないことが無数にあるでしょう。分からないことがあったら、先輩や同僚に積極的に質問しましょう。質問を恥ずかしがってはいけません。あなたの質問に嫌な顔をする先輩もいるかもしれません。嫌な顔をされると、落ち込んでしまいますが、それでも不明な点はや、よく分からない点は先輩に教えてもらった方が自分の仕事の上達につながります。
コミュニケーションのスキルを磨くのは、この仕事を続けていく上で一番大切です。エステシャンは接客の要素が強い仕事です。接客をするときは、お客様の気持ちを十分に理解することが必要になります。お客様の気持ちが分かるようになるには、言葉だけではなく、表情にも注目しなければなりません。言葉のやり取りを通して、お客様の感情や希望を掴めるようにしましょう。同僚や先輩とのコミュニケーションも大切です。新人なので、自分の意思を通すよりも、同僚や先輩たちから、いろいろなことを学んでいく姿勢が求められます。
3番目に大切なことは、自分が働くサロンへの貢献です。エステはボランティアではありません。毎月一定の利益を上げないと、サロンの存続が危うくなります。利益を上げるためには、自分の技術を向上させて、お客様に喜んでもらえる施術をすることが必要になります。新人のうちは高度な技術を持つことはできません。しかし、あいさつや気配りの仕方などに気をつければ、お客様に良い印象を与えることができて、それがサロンへの貢献につながります。

ページトップへ